私たちの使命は数字に強い経営者・幹部・社員を育てお客様によろこんでいただくことを通じて「中小企業を元気にする」ことです

無料経営スタイル診断 実施中

永田絵理肖像
えがお未来式月次決算書
経営計画書

数字に強い経営者・幹部・社員を育てるための「えがお未来式月次決算書」と「経営計画書」で、お客様に元気と明るい未来をお届けします!

中小企業を元気にするためにわたしたちがやっていること

はじめまして。
税理士法人・社会保険労務士法人 えがお未来 代表の永田絵理です。
私どもは、一生懸命な中小企業経営者の方のお手伝いがしたい!元気になってほしい!と思い、ビジョンは「中小企業を元気にする!」を掲げています。
元気をお届けするための道具が「月次決算書」と「経営計画書」です。
「月次決算書」は、会社の収益構造を全社員が理解するための資料であり、お金を残すための経営を、社長をはじめとする経営幹部が理解するための資料です。今どこに立っているのかを確認し、「どこに手を打てば利益が出るのか」、「どうしたら資金が残るのか」、「財務体質をどのように良くするか」に気付いていただくために毎月ご説明しています。
これを毎月繰り返すことで、数字に強い経営者が育ち、私達の使命である「中小企業を元気にする」ことにつながると考えています。
また、「経営計画書」では、月次決算書で確認した「どこに手を打てば利益が出るのか」、「どうしたら資金が残るのか」、「財務体質をどのように良くするか」をもとに経営計画を作成していきます。
しかし、経営計画は目標だけ立てても達成することは難しいのです。伝説の経営コンサルタント 故「一倉定先生」は「経営計画は目標だけ立てても何にもならない。目標は“仏”であって“魂”ではないのだ。仏をつくっても魂を入れないのでは“生命”を持たないからである。その“魂”こそ、「どのようにして、その目標を達成するか」である。」と仰いました。
“魂”とは方針書のことです。“仏”を作る事務所は数多くありますが、仏に“魂”を入れるサポートが出来る事務所はそう多くありません。
私どもの事務所では、自らも経営計画書を作成し、実践しています。だからこそお客様へ作成のお手伝いができると考えています。

新着情報

新着一覧
弥生株式会社認定『経営支援アドバイザー』
弥生PAP -弥生プロフェッショナルアドバイザープログラム-