お客様の声

お客様の声 1

Q 弊社へ依頼される前はどんなことに悩んだり、困ったりしていましたか?

A 以前お願いしていた税理士さんには帳簿の入力をお願いしていましたが、入力するだけで数字の報告を全くしてくれなったため、決算を組んでみないと利益が出ているのか出ていないのかさえ分からない状況でした。
そんな状況でも、税理士さんには経営のアドバイスや様々な提案をして欲しいと思っていたのですが、数字について何も説明してもらえなかったので、業績の良し悪しを自社が把握できる売上だけで判断せざるを得ない状況でした。
また、以前から納税するくらいなら節税して利益を少なくするという経営を行っていましたが、それではお金を残すことが出来ないことに気付き、会社にお金を残すためにはどうすればいいかを相談したいと思っていました。

Q 何がきっかけで弊社へご依頼いただいたのでしょうか?

A 司法書士の先生からのご紹介と、同業者が依頼していたこともあり、お願いすることにしました。
この同業者の方から話を聞いて、えがお未来さんのサービスに興味を持ち、実際にお話を聞いてみると腑に落ちるところがあったため依頼することにしました。

Q 弊社を知ってすぐに依頼されましたか?しなかったとしたらなぜですか?

A はい。

Q 何が決めてとなって弊社へご依頼いただいたのでしょうか?

A いままで全く見えてなかったことが見えるようになると思ったから。

Q 弊社へ依頼されてみてなにか変化はありましたか?依頼されてみての感想も含めて一言お願いします。

A 思っていたより儲かっていなかったことに気付きました。永田先生に依頼し始めた頃、大きなプロジェクトを抱えていたのですが、先生にお願いしていたおかげで会社全体の数字を見ることができ、どうすれば利益が出るのかを考えてから動けるようになったので、今期は予想以上の数字で着地できそうです。
今までは全体の数字が分からず、自分たちで把握できる売上しか見ていませんでしたが、現状の利益を毎月把握することで、見えなかったことが見えるようになりました。
固定費が以外とかかっていることにも気付いたので、お金を使うときに必要な支出かどうかを意識的に考えることができるようになりました。
その他にも、依頼したのがコロナ騒動が始まったころだったのですが、そのタイミングで変わっていて良かったと思っています。
以前の体性でコロナ禍を迎えていたら、コロナ融資など、コロナ支援を素早く受けることが難しかったと思うので本当に良かったと思っています。

Q 今後弊社へ何を求めますか?どんなサービスを提供して欲しいですか?

A 将来を見据えた戦略的な未来像を見える化していきたいです。
多角化戦略を考えているので、今後も未来を描くお手伝いをお願いしたいです。

お客様の声 2

Q 弊社へ依頼される前はどんなことに悩んだり、困ったりしていましたか?

A 以前顧問契約をしていた税理士さんに、10年前より経営計画を作成したいので、経営面や未来に向けた前向きなアドバイスをしてほしいとお願いしていたのですが、私が望むご対応はしていただけませんでした。
税理士法人えがお未来北摂Officeの永田先生には、セカンドオピニオンとしてまた、経営計画作成の指導を受ける中で、豊富な税務知識、きめ細やかなアドバイスをいただき、税務の悩み原因が何であったのかが明らかになってきました。それは税理士という国家資格を持った方の中にも違いがあるということに気付くことができました。

医療法人中道会 理事長 大前太美雄 様

Q 何がきっかけで弊社へ依頼いただいたのでしょうか?

A 私は、経営コンサルタントの一倉定先生の書籍に触れる機会があり、経営者としての考え方に大きな影響を与えていただきました。
以前より一倉定先生の指導された経営計画書を作成したいという思いがあり、今回、一倉定式の経営計画書作成を教えてくれる税理士さんで、訪問してくださるエリアを限定して検索し、御社のホームページを見つけました。

Q 弊社を知ってすぐに依頼されましたか?

A はい

Q 何が決めてとなって弊社へご依頼いただいたのでしょうか?

A 顧問料の価格競争ではなく、本来あるべき税理士像をはっきりイメージして、公表されていることと、初めてお電話で話をしたときの親身になってくださったことです。

Q 弊社へ依頼されてみてなにか変化はありましたか?依頼されてみての感想も含めて一言お願いします。

A わが社の現状を明確に把握することができ、それをもとにより具体的に未来をイメージできるようになりました。

Q 今後弊社へ何を求めますか?どんなサービスを提供して欲しいですか?

A 数字の話だけでなく、経営の相談もしていきたいと考えています。
数字の裏付けのある未来をイメージできるようにサポートしていただきたいです。
そして、それを通じで共に学び共に成長していける関係でありたいと考えています。

ページトップへ